プラス1アイテムでゲストをおもてなし!写真に思わず収めたくなるアイテムを

存在感のある塔を季節の花などで

結婚式で一番大切なのは2人のために集まってくれたゲスト一人ひとりに感謝の気持ちを伝えることですよ。その気持ちを表現するために、手作りのアイテムをプラスしてみましょう。それが、会場の誰もが思わず写真に撮りたくなってしまうかのような小物ならなおいいですよ。例えば、塔のオブジェに季節の花や果物、思い出の写真などをディスプレイしてオリジナル感を出したアイテムもいいでしょう。ドリンクコーナーや屋外にディスプレーするとよく合いますよ。

イニシャルを飾ってフォトスポットに

簡単に作ることができて飾るとインパクトが大きいのが、二人のイニシャルモチーフです。イニシャル以外にも英文メッセージでも大丈夫ですよ。テラスや階段の手すりなど飾る場所を工夫すれば、そこはたちまちシャッターポイントになり、ゲストとの撮影も盛り上がりますよ。

二人のベストショットを飾る

市販の写真立てにレースを貼り、さまざまな形のボタンをあしらってもいいでしょう。写真立てはシンプルなものを選び、自分たちらしく飾り付けましょう。また、スイーツなどに敷くレースペーパーを白いキャンバスに貼って、写真を飾り付けてもいいですよ。電池式のイルミネーションを仕込めば蛍のようにほのかに光り、夕暮れや夜のパーティをロマンティックに引き立ててくれるでしょう。イルミネーション効果でブライダル仕様のフォトコーナーに変身もできます。レースペーパーは形や大きさの違うものをランダムに貼ったり、写真だけでなく二人からのメッセージも添えてみましょう。

大阪の結婚式場では大きいステージがあったり、豪華な装飾のある施設が人気です。なぜなら、エリア的に派手なイベントを好む人が多い傾向にあるからです。