神社婚の花嫁の和装の借り方は?注意するポイントを紹介

まずは白無垢にするか色打掛にするか決めよう

神社婚をするならやはり花嫁衣装は和装にするのが雰囲気に合っていいですね。神社婚なら白無垢だろうと考えるかもしれませんが、和装の花嫁衣装は白無垢だけではなく、色打掛という選択肢もあるんです。白無垢は全身白を基調にしていて清楚な印象ですが、色打掛は白い掛下の上に鮮やかな色と柄の打掛をはおる華やかな装いになります。最近だとピンク色の掛下に白地に柄だけ入った打掛を羽織るスタイルも人気を集めていますよ。お色直しする場合は白無垢と色打掛両方着てみるのも素敵ですが、神社婚で衣装は1着と決めていたり和装と洋装両方着たいと考えている場合はまずはどちらを選ぶか決めるようにしたいです。

衣裳は神社の結婚式場で借りるか持ち込み出来ることも

神社婚する場合衣装はその神社の結婚式場で借りるのが一般的です。でもそれ以外に和装の花嫁衣装をレンタルできる貸衣装屋も沢山ありますね。もし結婚式場にある衣装がいまいち気に入らなかった場合、貸衣装から持ち込みしたいと考える方もいるのではないでしょうか。神社によっては貸衣装を持ち込めないところもあるのですが、貸衣装の持ち込みが自由だったりオプション料金を追加する形で受け入れてもらえる場合もあります。こんな衣装がいいとはっきりしたイメージが頭の中で固まっている場合は、神社の貸衣装に好みのものがなかった時のことを考えて衣装を持ち込み出来るかどうか契約前に確認しておくようにしたいですね。

また和装を借りる場合小物類も一緒に借りられることがほとんどですが、肌着と足袋など自分で用意しないといけないものもあります。貸衣装店で購入できることもありますが、事前に用意しないといけないものがないかどうかきいておくようにしてください。

三重の神社婚は、日本屈指のパワースポットと言われている神社や、縁結びのシンボルがある海の見える神社などで執り行うことが出来ます。