これを知っていると便利!?ウェディングドレスの生地と細かなデザイン

ウェディングドレスの生地

ウエディングドレスには様々な生地が使用されており、それによって印象は大きく変わります。最も高級な生地はミカドシルクです。生地が柔らかく光沢があるので、正統派の美しさを出したい場合にはおすすめですね。多く使用されている素材は、シルクサテンや綿サテンです。生地表面に光沢があり、エレガントな印象を与えることができますよ。立体感のある素材であるタフタは、張りがあり、見る角度によって色が変わるので、スタイリッシュなドレスに最適な素材です。チュール生地は、重なりによって雰囲気が変わり、カジュアルな式におすすめですよ。定番素材のオーガンジーは、かわいらしい雰囲気になります。

ネックデザインの種類

ネックデザインは、顔の印象を大きく左右するので重要ですよ。肩のラインを美しく見せたいのならばビスチェで、どのような体系の人でも似あうのでおすすめです。上品さを出したいのならばハイネックを、クラシカルで美しいデコルテを見せたいのならばVネック、女性らしさを演出したいのならばハートカットを選んでみましょう。

スリープデザインの種類

袖のデザインは、首から二の腕に至るまでの美しさを見せるために重要です。上品でロイヤルな雰囲気を出せるとともに、二の腕や腕を隠したい場合におすすめなのはオフショルダーです。スタイリッシュに見せたいのならばワンショルダーがいいですね。清楚でクラシカルな印象を与えたいのならばロングスリープを、肩のラインを強調したいのならばノースリーブのアメリカンスリープを、上品なかわいらしさを出したいのならば袖口が膨らんだパフスリープを選んでみてください。

住居地、オフィスとしても人気の高い、東京赤坂の結婚式場に今注目が集まっています。都心なのに緑が多く、式を挙げるのにふさわしい品格のある街です。