単身赴任中のお父さんが家族と良い関係を保つ秘訣

忙しくても毎日連絡は欠かさないこと

単身赴任中に家族との良好な関係を維持するのに欠かせないのが、こまめに連絡を取ることです。昔は手紙しかなかったのでマメな連絡は取りづらかったかもしれません。しかし、現代にはメールやスカイプ、それにLINEなどの便利なツールがいくらでもあります。それを使わない手はありません。どんなに仕事に忙殺されていても、できるだけ家族と連絡を取りたいものですね。連絡をしすぎて、「パパ、ウザいよ!」と子供に言われてしまうぐらいがちょうど良いかもしれません。

妻の労をねぎらい、愚痴を聞く

最も重要なのが、妻の労をねぎらうことです。子供がいる家庭の場合、夫が単身赴任をすると、子育てが全て妻にのしかかってしまいます。そのため、妻のこともきちんと気にかけてあげなければ、拗ねてしまうかもしれませんよ。妻と連絡を密に取り合い、子供の成長ぶりや学校での生活のことだけを聞くのではなく、毎日子育てに追われている妻の話を聞いてあげることも重要なことです。愚痴に付き合うだけでも夫婦関係が大きく違ってきます。

月に最低でも1回は家族団らんの時間を

どんなに忙しくても、最低でも月に1回は帰省して家族団らんの時間を持つよう心がけたいものです。仕事の忙しさにかまけていて全く家に帰らなかったら、家族に愛想を尽かされてしまった、という悲しい単身赴任のお父さんは少なくありません。そのような大惨事にならないように、できるだけ家に帰る時間を作り、家族と過ごす時間を大切にすることです。子供も奥さんも、お父さんと過ごすことで安らぎを感じられます。

単身赴任の家具をレンタルすることができる会社があります。リーズナブルな料金で、一定期間借りることが可能です。